購入前リフォームにおける注意点

 購入と合わせてリフォームを実施する場合、クロスの張替えから、水廻りの設備更新や耐震補強、間取り変更等、幅広い改修内容が想定されます。今回は建築工法による間取り変更について解説します。

 例えば、購入予定者から「この壁を撤去して広いLDKにリフォームできますか? できるなら購入を検討したい」という問い合わせがあったとします。この場合、建物がどのような工法でつくられているのかがポイントです。木造住宅の場合、柱や梁、筋交等で構成される「在来軸組工法」と壁式構造である「ツーバイフォー(枠組壁工法)」に大きく分けられます。
 在来軸組工法の場合は、耐震性について検討することは必須ですが、壁の撤去については可能で、間取り変更への対応力は高いといえます。
 一方、ツーバイフォー工法の場合は壁が構造体となっているため、壁の撤去は難しいといえます。その他の工法としてはハウスメーカーが独自で開発したものがあり、木造や軽量鉄骨でつくられたものについては、系列のリフォーム会社でなければ施工できないことが考えられます。購入予定者に適切なアドバイスを行うためにも、もし図面や書類があれば、あらかじめ工法を確認しておくことが必要です。